“ヤエー” (ライダー同士の挨拶的なもの)に見るコミュニケーションの良さ 「  ´Д`)「

2019年5月1日と2日、バイクで一人旅に出かけてきました。

山形県1周の旅です。

快く送り出してくれた妻に感謝です。

(* ´Д`)

 

さて、如何にも旅ライダーです! という出で立ちでバイクに乗っていると、走行中に対向車線の旅ライダーから手を振られたりすることがあります。

もちろん、旅先で偶然すれ違っただけなので、知り合いというわけではありません。

込められた意味は、「道中お気をつけて!」「お互い楽しみましょう!」、地元のライダーが旅ライダーに向けて「ようこそおいでくださいました!」などがあります。

バイク旅を彩る要素の一つといいましょうか。

 

これは “ヤエー” というライダー同士の挨拶のようなものです。

元々は「Vサイン」「ピースサイン」という、1980年代に流行った挨拶でした。

左手でピースサインを作り、すれ違いざまに右肩付近やヘルメットの近くに(敬礼のように)持っていくというものです。

 

今の “ヤエー” も呼び方が変わっただけで、大きくは変わっていません。

手を振ったりガッツポーズだったりと、バリエーションは増えたようですが。

“ヤエー” の呼び名は、英語の “YEAH!(イエーィ!)” の表記ミスで “YAEH!(ヤエーィ!)” になったのがそのまま定着してしまったのだそうです。

何ともノリの良い経緯だろうなと思います。

(* ´Д`)

 

義務ではない任意のコミュニケーションなので、しなかったからといって気にやむことでもないですし、してもらえなかったからといって腹をたてるものでもありません。

また、一瞬とはいえ片手がハンドルから離れるので、安全最優先で当然に控えるべき場面もあります。

(悪路走行中、高速走行中、カーブ中、クラッチ操作中など。)

安全面を考えればバイク初心者の人はしない方がいいですし、運転歴が長くても安全志向の強い人はしないと決めている人もいます。

 

したがって、”ヤエー” を捉えるとしたら、しない(してもらえない)のがフラットであり、できたりしてもらったりすると嬉しくなるもの。

そんな位置づけでしょうか。

 

ほんのちょっとした所作で、雰囲気が良くなるもの。

「挨拶」の本質がそこにあるのかもしれません。

(* ´Д`)

LINE@登録受付中!

友だち追加

#新潟 #家庭教師 #野はらの上 #バイク #ヤエー

【LINEスタンプができました。】

LINEストアのサイトで「なおきつねとゆりうさぎ」で検索して頂くか、下の画像クリックで詳細ページに飛びます。

   ↓       ↓       ↓

新潟の家庭教師

野上直行

Facebook

Twitter

レターポット

(フォロー、リムーブ、メッセージ等お気軽にどうぞ)

 


 

2019年度、生徒さんを募集中です。

指導料

通常料金 『紹介』 特別料金
小学生 2500円/時間 2000円/時間
中学生 3500円/時間 3000円/時間
高校生 4500円/時間 4000円/時間
大学生等 5000円/時間 4500円/時間
社会人 6000円/時間 5000円/時間

 

【投稿日現在の空き状況】

火曜日

16:00〜18:30

(新潟市西区にお住いの方は19:00まで可能です。)

 

 

詳しくはこちらをクリックしてください。

↓   ↓   ↓

指導概要

 

お申し込み、お問い合わせはこちらまで。


にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。