万年筆のメンテナンスはこんなに簡単です。


万年筆の最良のメンテナンスは 毎日使うこと と言われています。
しかし、それでもたまにインクの出が悪くなったりします。
原因は色々考えられますが、パターンとして インク詰まり が多いのではないでしょうか。

水溶性インクも水分が飛ぶと色素が固まってしまいます。
それがペン先に詰まるとインクが出てこなくなります。

 

普段使いしている万年筆のインクの出が悪くなったとき、私がよくやるのは、万年筆の浸け置き です。
流水でインクを流し出した後、分解して、ぬるま湯に浸して1日放置するだけ。
(コンビニのアイスコーヒー容器を使って浸けている様子。↓)

 

水溶性のインクであれば、水に浸けておくと溶け出すので、またインクが流れるようになります。
本来はペン先とコンバーター(インクのタンクのようなもの)だけ浸けておけばいいのですが、軸とキャップもついでに浸けています。
大抵はこれで書き味が戻ります。

(  ´Д`)

 

浸け置きでも元に戻らないときは、ペン先に紙の繊維が詰まっていたり、その他構造上の不良があったりするのが考えられるので、専門のお店にお願いするのが一番です。

私がペンの修理等でお世話になっているのが、『文具館タキザワ PEN BOX』です。
懇切丁寧に対応してくれるので、万年筆に限らず、文具全般の相談には良いと思います。

(* ´Д`)

 

新潟市西区(小針)にあります。
お店のホームページはこちら。
↓       ↓       ↓
文具館タキザワ PEN BOX
http://www.takiprit.com/bungukan/shop03.html

【LINEスタンプができました。】

LINEストアのサイトで「なおきつねとゆりうさぎ」で検索して頂くか、下の画像クリックで詳細ページに飛びます。

   ↓       ↓       ↓

新潟の家庭教師
野上直行

Facebook
Twitter
レターポット
(フォロー、リムーブ、メッセージ等お気軽にどうぞ)

 


【告知】

夏休みに向けて、5名様限定で短期特別指導枠を設けます。

(7月18日現在 残席2名!)

 

・春から夏休み前までの復習を徹底したい!

・休み明けの先取り学習を進めたい!

・高校入試に向けて1, 2年生の内容を固めたい!

……などなど、活用の仕方はいろいろです。

(* ´Д`)

 

 

2018年7月~8月31日の夏休み期間中に、

通常指導5回(通算10時間)

4回分の価格 で実施。

(指導1回分実質無料)

※夏休み期間で5回の指導が困難な場合10月まで振替可。

 

 

小学生 通常25,000円のところ

20,000円 + 交通費

中学生 通常35,000円のところ

28,000円 + 交通費

高校生 通常45,000円のところ

36,000円 + 交通費

 

 

1回 2時間 × 5回

(日程・時間帯はご相談)

 

 

【交通費】(車で伺います)

往復距離(km)× 20円/回

※ 距離は、JR越後線新潟大学前駅を起点に
ナビアプリで計算します。

 

 

【申込み期限】

2018年8月15日(水)

 

 

【特典】

夏期の短期特別指導から長期契約にて継続される場合、契約月より1年間、通常指導価格より500円OFF (時間当たり)で承ります。

 

 

5名さま限定、残り2名です。

お申込みはお早めに!

(* ´Д`)

 

 

【申込フォーム】

 

 


 

2018年度、生徒さんを募集中です。

 

指導料

通常料金 『紹介』

特別料金

小学生 2500円/時間 2000円/時間
中学生 3500円/時間 3000円/時間
高校生 4500円/時間 4000円/時間
大学生等 5000円/時間 4500円/時間
社会人 6000円/時間 5000円/時間

 

【投稿日現在の空き状況】

火曜日

17:00〜19:00 の間でご相談

 

金曜日

16:00〜19:00の間でご相談(9月以降)

 

土曜日

10:00〜12:00

16:00〜18:00

 

詳しくはこちらをクリックしてください。

↓   ↓   ↓

指導概要

 

 

お申し込み、お問い合わせはこちらまで。


にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。