学びを語る偉人の言葉

 少にして学べば、則ち壮にして為すこと有り。

 壮にして学べば、則ち老いて衰えず。

 老いて学べば、則ち死して朽ちず。

 

 

江戸時代末期の儒学者、佐藤一斎の言葉です。

意味は、

 

 

 子どもの頃に充分に学んでおくと、大人になって社会で重要な役割を果たせる。

 大人になっても学び続ければ、高齢になってもその力は衰えない。

 高齢になっても学びを止めなければ、死後も自分のやってきたことが次代に引き継がれていく。

 

ということです。

 

この言葉は、西郷隆盛や吉田松陰、高杉晋作、伊藤博文など、幕末から明治の偉人たちに大きな影響を与えました。

 

現代でも、小泉純一郎さんが現役の総理大臣の頃、衆議院本会議の「教育関連法案」の審議でこの言葉を取り上げています。

 

時を超えて通じる「学び」の意義が込められています。

 

 

 

学ぶ姿勢の大切さを考えさせられますね。

 

(  ´_`) シミジミ ……

 

 


2017年度、生徒さんを募集しています。
2017年6月30日までのご契約でちょっとお得に始められます。

詳しくはこちらをクリックしてください。

↓   ↓   ↓

指導概要


 

<おすすめ文具>

 

ロールペンケースの機能性が高くて手放せません。

ロールペンケースは、このようなペン入れです。

↓   ↓   ↓

 

小分けされたポケットにペンを数本ずつ挿せます。

 

 

筆記用具の使用頻度が高いため、使いたいペンをすぐに取り出せるのがいいですね。

(^^)

 

 

amazonで購入したこちらのロールペンケースを使用しています。

↓   ↓   ↓


(ラファエロ) Raffaello 一流の革職人が作る 上質なオイルドレザーを使用した ロールペンケース 牛革 本革 筆箱 ペンケース (ダークチョコ)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。