命の価値は等価か? 菜食主義のあれこれについて生徒さんと語った話 「 ´Д`)「

生徒さんから菜食主義について問われました。
その生徒さんが菜食主義というわけではなく、数ある主義・思想のうちのひとつとして興味があるそうです。
私も菜食主義ではありませんが、それについていろいろ考えるのは嫌いではありません。

さて、生徒さんの気になるポイントはこちらです。

「食べるために動物の命を奪うのは罪深いことだから菜食を推すという菜食主義。しかし、植物にも命はある。動物と植物で命の価値に差があると考えるのか」

“命の価値“ という重いテーマに注目しています。
これに対しても様々意見があるので、私見であることを断った上で述べます。

食の主義という観点からは、“差がある“ といって良いと考えます。
それは個体性の違いがあるためです。

例えば、牛肉を得るために牛Aを屠殺したとします。
すると、この世から牛Aはいなくなります。
生物学的には、牛Aが持っていた遺伝情報が失われたことになります。
牛Aは個体として独立していて、牛Bとは連続していません。
一度失われてしまえば、その個体は二度と戻ることはないのですね。

対して、植物は個体性が動物に比べて曖昧です。
例えば、1個のジャガイモがあったとします。
八百屋で売られているジャガイモは、実はジャガイモという植物の茎の一部です。
茎の一部を刈り取られても、大元であるジャガイモという植物は存続します。
また、ジャガイモは水耕栽培が可能なように、ジャガイモからジャガイモの植物が再生したりもします。(いわゆる種芋)
1個のジャガイモから再生した植物がさらにジャガイモを作れば、それらは全て連続性を持ちます。
食材となる植物の多くは大元の植物の一部であり、個体性は動物に比べると極めて小さいのですね。
種子を食す場合は全体を食しているように思われますが、植物は自家受粉でも種子を作ることができるので、やはり大元の植物との連続性があります。
以上のことから、食材として利用するにあたっては、植物の個体性を完全に消滅させることは動物に比べると容易ではないと言えます。

従って、食材として供与される命の価値には差があるとする主張は否定されるものではなく、それを重んじて菜食主義の道を行くのも信条として尊重されるべきと考えます。
一方で、命の個体性を鑑み、動物性の食品にも最大限の敬意を払って摂食していくのも尊重されるべきとも考えます。

というわけで、皆さん。
食べ物は大事に、美味しく食べましょうということで。

「 ´Д`)「  キョウ モ イイ ヒ !!

LINE公式アカウント登録受付中!

友だち追加

#新潟 #家庭教師 #野はらの上 #菜食


【LINEスタンプができました。】

下の画像クリックで詳細ページに飛びます。

No.1「なおきつねとゆりうさぎ」
No.2「動物たちのひとこと!」
No.3「動物たちのひとこと!2」 

  

新潟の家庭教師
野上直行

Facebook


【告知】
親御さんのための子供の勉強サポート方法個別無料相談を下記日程で開催します。

2022年9月11(日) 10:30~15:00 で開催します。

えんでばよこごし

江南区横越川根町3-1-48

えんでばよこごしさんにてスペースお借りして、保護者様向けにお子さんの学習サポート方法から、大人の方ご自身の資格試験等の学習の進め方など、無料の個別アドバイスを行なっております。

特に予約等は不要です。
改まったお話でなくても、ぜひお気軽にお越しください。 お待ちしております。

「* ´Д`)「

 


2022年度、生徒さん募集中 です。

紹介割引実施しています。
詳しくは指導概要をご覧ください。
リンクは下記にあります。

指導料

通常料金 『紹介』 特別料金
小学生 2500円/時間 2000円/時間
中学生 3500円/時間 3000円/時間
高校生(基本) 4000円/時間 3500円/時間
高校生(受験) 4500円/時間 4000円/時間
大学生等 5000円/時間 4500円/時間
社会人 6000円/時間 5000円/時間

 

【投稿日現在の空き状況】
木曜日 21:00~23:00(オンライン限定)

詳しくはこちらをクリックしてください。

↓   ↓   ↓

指導概要

 

お申し込み、お問い合わせはこちらまで。


にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。