最後の訪問で伝えたいこと

昨年の秋から一緒に勉強をしてきた生徒さんのところへの、本日が最後の訪問でした。

生徒さんは高校受験を経て、春から高校生になります。

 

 

入試が終わってからの訪問に何か意味があるの?

 

 

という質問を受けることがありますが、はい、意味はあります。

タイミングとしては確かに入試が終わっていますが、同時に高校生活が始まる直前でもあります。

 

高校入試をゴールと捉えれば意味は希薄になりますが、次のステージのスタートと捉えれば、そこに臨む準備をすることには大きな意味があります。

 

高校から課される春休み課題は、入学して最初の試験範囲でもあります。

高校の授業は中学までのそれとは、数も進みの早さも段違いです。

 

それらを意識しておけば、慌てずに対応できます。

 

学業面以外にも、高校の3年間は “自立のための準備期間” という意識があれば、より有意義な時間にすることができます。

 

今日はそのようなことを伝えてきました。

先につながる学びを大事にしていきたいと考えます。

 


2017年度、生徒さんを募集しています。
2017年6月30日までのご契約でちょっとお得に始められます。

詳しくはこちらをクリックしてください。

↓   ↓   ↓

指導概要


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。