実力発揮はコップの水に喩えられます

何かを習得したり、習得したものをさらに強化したりする時に行うこと。

 

学習、練習、稽古、鍛錬

 

等々、いろいろな言葉で言い表されます。

 

それらを続けていくことで、実力が蓄積されていきます。

 

ただ、練習などを続けていても、なかなか結果に表れないことがあります。

 

 

 

 

 実力の蓄積と発揮は、よくコップの中の水に喩えられます。

 

 

習い始めは実力は何もなく、コップの中が空っぽの状態です。

練習を進め学びが深まると、実力が蓄積されます。

コップの中に水が溜まり始めた状態です。

 

 

ただ、その水(実力)は、まだ自分というコップの中にあるだけで、外には発揮されないのです。

 

 

水を溜め続け、コップから水があふれたそのとき、初めて目に見える結果が得られます。

 

 

もし、あふれる前に水を注ぐのをやめると、外に現れないばかりか、やがて水は乾いて無くなってしまいます。なので、日々継続した練習を大事にするべきだといえます。
コップから水があふれるまでの期間は人それぞれ違いますが、一般的に約3ヶ月と言われます。

 

 

学業においても同様で、勉強の習慣がついてから3ヶ月以上の継続をして、ようやく手応えを感じられるということです。

(短期記憶を長期記憶にするまでにかかる時間が関係します。また記憶する情報量も影響します)

 

 

 

いつまでにどこまでの自分になっていたいか?

 

自分の行動はそのための行動になっているか?

 

 

 

時折、自分を見つめ直してみるのもいいかもしれません。

 

(^^)

 

 

 


2017年度、生徒さんを募集しています。
2017年6月30日までのご契約でちょっとお得に始められます。

詳しくはこちらをクリックしてください。

↓   ↓   ↓

指導概要


 

<おすすめ文具>

 

知人がオススメしていたので私も購入してみました。

 

 

かなり機能的です。

 詳細はメーカーの紹介ページにあります。

 

 

楽天にて送料無料での取り扱いがありました。

よかったら検討してみてください。

 

(^^)

(下写真)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。